Responsible Fibreという約束

UPMのResponsible Fibre は、業界で最も厳格な環境保全基準、およびCSR順守(いずれも外部機関による検証)に、製品が準拠していることを保証しています。

 

Responsible Fibre™ の基準は、以下のとおりです。準拠するための取り組み原則と最新の対象製品については、Responsible Fibre (英語)をご覧ください。

 

Responsible Fibre™ の対象となるUPM製品の基準

Responsible Fibre™ は、主に気候、水質、生物多様性、CSRという4つの分野の保全活動に於いてUPMが保証するもので、製造におけるサプライチェーン全体を通して、原材料供給先も含めた関係者様との体系的手法に基づく協力関係が欠かせません。

Responsible Fibre™ は、ISO 14021(自己宣言による環境主張の原則)の該当ガイドラインに準拠しています。

 

Responsible Fibre を掲げるUPM製品は、次の基準を満たす必要があります。

責任ある原材料調達

持続可能な森林管理および土地利用

各種環境基準に準拠した低排出の生産工程の構築

  • BAT(利用可能な最善の技術)に従って生産を行う(EUのBAT参照文書に基づく)
  • 該当する地域で, EUエコラベル認証 (地域のエコラベル)を取得する

透明性の高い事業活動

有害物質の不使用

環境マネジメントシステム認証の取得

  • ISO 14001
  • EMAS(検証済み環境情報を含めて報告)

無災害職場としての職場環境

社会的責任

持続可能な取り組みに対して外部機関からの評価取得

 

他の製品でも更なる約束を

UPMのオフィス用紙は、高度な品質要求を満たす機密文書から、大量複写まで多種多様な用途に最適です。Responsible Fibre™は、業界で最も厳格な基準に基づく原材料調達基準、および製造基準に準拠していることを保証します。