UPMジャパンのサービス

UPMジャパンには東京本社と仙台営業所があり、17人のスタッフが、お客様へサービスを提供しています。東京本社では紙製品、粘着ラベル原反の販売を、また、仙台営業所では製材製品の販売を行っています。なお、総務と経理は東京本社内に置いています。

UPMジャパンは、輸入林産品に興味をもつ日本のお客様に、他の外資系製紙会社にはない充実したサービスを提供することに誇りを持っています。入荷、在庫管理、財務、物流に至るまで長年つちかった経験のもと、責任をもって日本各地のお客様にUPMの高品質な製品をお届けします。

UPMジャパンのテクニカルサービスと新製品の提案は、日本のお客様とフィンランドおよび世界各国のUPM製紙工場との長い歴史における相互協力のもとに成り立っています。木材製品においても同様に、エンドユーザーの皆様の要望に基づき製品対策の企画開発を進めています。

UPMジャパンは、東京用紙代理店会の唯一の外資系企業であり、また日本紙輸入組合の会員でもあります。 "We lead. We learn." を実現します。