UPM BioVernoで排出ガスをさらに低減

upm bioverno

UPM BioVernoは、より少ない排出ガスでより多くの距離を走行することを目指すものです。これは森林産業の製造残留物から処理されたハイクラスのバイオ燃料です。これは、完全に食品バリューチェーンの外側で生成されます。UPM BioVernoは、あらゆる自動車で使用できる高品質の燃料であり、バリューチェーン全体で排出ガスの量が化石燃料より80%も少なくなります。

2012年、UPMは木質基盤の再生可能ディーゼルを生産する世界初のバイオ精製所の建設を開始しました。このフィンランドのラッペーンランタ精製所が完成すると、年間10万トンのバイオディーゼルを生産することができます。UPMは、最新のバイオ燃料開発の舵取りをして、バイオ燃料の普及を目指します。