『エコノミスト』誌: 持続可能なヘッドライン

the economist case 
『エコノミスト』は、ジャーナリズムでの世界的な影響力として知られています。UPMが効率的な紙の製造工程を実現するために多額の投資を行った結果、この雑誌が与える環境負荷は減少しました。

UPMによる『エコノミスト』のケーススタディでは、1990年代初めと比較して、この雑誌のカーボン排出量は90%減少し、水の使用量は35%減少し、廃棄物は90%減少して、認証済み木質繊維を100%使用しています。持続可能性が高まることは、万人にとって朗報です。