More with Biofore

 

UPMの取り組みはいかに持続可能な資源を効率的に活用するかであり少ないもので多くを生み出すは、エネルギーの有効活用にもつながります。UPMの製品はより少ない水とエネルギーを使って生産されるのでより経済的で環境的にもやさしいのが特徴です。再利用を最大限に生かすことで、バイオマスのライフサイクルと製品の製造は環境体系を維持しながら共栄共存することができます。
 
今後、技術革新は有効資源の代替手段を備えた製品を開発する上で大きな役割を果たします。エコデザインの要素を取り入れた製品開発過程で、UPMの新製品は革新的で再生不能な素材を再生・再利用可能な素材に置き換えることを目指し、バイオ燃料、木質繊維のフィブリル化、バイオケミカル、そしてカーボンニュートラルエネルギーが生み出す具代的な成果に焦点をあてていきます。
 
more with biofore