UPM、毎年5千万本の木々を植林: より良い世界を作る

50 million trees 
森林は地球上で最も貴重な資源です- 住まい、食物、エネルギーを私たちに供給してくれます。その上、生物多様性、気候変動において重要な役割を担っています。森林で1本の木が育つのに木の寿命を通して大気中の二酸化酸素1,000kgが吸収され、6,000kgの純酸素をつくりだします。また、森林は土壌の質を高め、地下水を浄化します。
 
UPMほど森林との関係を大事にしている企業はありません。Biofore戦略は生物多様性を促進し、持続可能な商業林において主導的役割を担っていきます。毎年UPM5千万本の木を植林しています。さらには毎年世界的に「植林の日」を設け、学校の子供たち、若年成人、関係各社と一緒に植林を活動を行っています。中国、北米、英国、ドイツ、エストニア、フィンランド、ウルグアイ、ロシアそしてスペインが植林の日を実施しています。
 
植林はまさに、偉大な投資です。社会的責任を担う企業として、何よりもまず、私たちが住む地球にやさしい環境づくりを求めていきます。