UPM、新しい組織編成で事業構造の強化とポートフォリオチェンジを図る

業績改善と成長イニシアチブで4億ユーロの利益改善へ
 
UPMは明確な利益性を追求するとともに事業改革を行い、事業別ポートフォリオの更なる改善と簡略化を目指します。

UPMの新しい事業形態は、UPMバイオ精製、UPMエネルギー、UPMラフラタック、UPMペーパーアジア、UPMペーパーヨーロッパ、UPM合板の6事業部門となり、2013年11月1日より再編されます。今後、森林資源、木材調達事業は別系統となります。
 
新しい2つのペーパー部門はそれぞれの市場に拠点を置くこととなります。UPMペーパーアジアの本部は中国上海に、UPMペーパーヨーロッパの本部はドイツのアウグスブルグに、UPMグループ本社はフィンランドのヘルシンキとなります。


Bookmark and Share