2011年以前ニュース

UPM、Earth Hour(アースアワー)キャンペーンに参加 (March 26, 2012 )


UPMはWWFの世界規模で行われるアースアワーキャンペーンに参加します。3月31日土曜日の午後8時半から9時半まで、同日・同時刻に電気を消すアクションを通じて地球温暖化防止の思いを示す国際的なイベントにUPMは4回目の参加と参加となります。詳しくはこちらをご欄ください。



--------------------------------------------------------------------------------

NHKがUPMのRauma製紙工場をインタビュー (March 26, 2012 )


3月29日、NHKはラウマ製紙工場にバイオマスについてインタビューします。フィンランドにおける再生可能なエネルギー、特にバイオマスを学ぶ絶好のチャンスです。オンエアーは5月4日の予定です。詳細がわかり次第、ホームページにアップデートします。


--------------------------------------------------------------------------------

UPMのフェースブックが始動 (March 22, 2012 )


UPMのフェースブックのページが本日よりスタート。今回初の公式レベルのフェースブックの参加となります。2012年はWDC (ワールドデザインキャピタル)がヘルシンキで行われますので、WDCの話題盛り沢山でご紹介をしていきます。是非こちらのページをクリックしてみてください。www.facebook.com/UPMGlobal


--------------------------------------------------------------------------------

2012年3月20日
UPM Raflatac、アルゼンチンに新物流ターミナルオープン                                                                  


UPMは、アルゼンチンのブエノスアイレスにスリット加工・物流ターミナルをオープンしました。アルゼンチンのお客様に紙系およびフィルム系粘着ラベル原反の供給が始まりました。南米における需要増加に対応すべく、新規ターミナルの設置でサービス能力の向上を図ります。詳細はこちらをご覧ください。


--------------------------------------------------------------------------------

2012年3月20日
UPMのPietarsaariパルプ工場に排水処理施設を再建                                                                  


UPMは、フィンランドのPietarsaariパルプ工場に排水処理施設の再建プロジェクトを開始しました。投資額は約3,000ユーロで、2013年に完成予定です。これにより、パルプ製品の効率化、環境負荷の軽減を図ります。詳細はこちらをご覧ください。


--------------------------------------------------------------------------------

2011年10月18日
UPM ProFi コンテナ仮設住宅に貢献                                                                  


UPMは、 東北地方太平洋沖地震による被災地への支援として、坂茂氏が手掛けるコンテナ仮設住宅に使われるデッキ材、UPMProFiを提供しました。環境に配慮したリサイクルペーパーや素材を使った日本を代表する国際建築家、坂茂氏は過去にもUPMProFiをデザインに取り入れ建築作品を作り、世界各地で注目を置かれてきました。現在、宮城県女川に日本で初めての多層仮設住宅(2-3階建て、188戸、計9棟)が町内総合野球場に建築され、10月下旬完成を目指しています。 詳しくはこちらのサイト、および UPM Viewpoint blog からご覧いただけます。


--------------------------------------------------------------------------------

2011年8月2日
upmpaper.comオープン


ミュリュコスキーとの経営統合により、UPMの製品はラインアップの幅が拡がりました。詳しくはUPMの新しいウエッブサイトupmpaper.comをご覧ください。


--------------------------------------------------------------------------------

2011年8月1日
UPMのミュリュコスキー社買収・合併完了


UPMのミュリュコスキー社に対する買収・合併が予定通り完了いたしました。全事業の買収費用は約9億ユーロですが、経営キャッシュフローのおいて即時にプラス効果がもたらされ、2012年度の1株当たりの配当額増加、さらにはコスト削減の相乗効果により1億ユーロを上回る利益増加を予想しております。両社の合併において、お客様の皆様にはご不便をお掛けすることがないよう最善を尽くして参りますので、今後共お引き立ての程、宜しくお願い致します。


--------------------------------------------------------------------------------

2011年7月13日
EU公正取引委員会、UPMのミュリュコスキー社買収を承認


EU公正取引委員会は、UPMキュンメネのミュリュコスキー社およびその傘下のラインパピアの買収を無条件で承認しました。これにより、UPMは移行におけるすべての必要規制認可取得となりました。買収手続き完了は7月下旬から8月上旬予定です。この買収交渉は2010年12月21日に発表されたものです。

UPMの社長兼最高経営責任者であるユッシ・ペソネンは、「この度の委員会の前向きな決定を大変嬉しく思っている。規制プロセスは予定通り執り行われ、当局は市場において移行がもたらす効果を全面的に調査した結果、移行の認可はヨーロッパの紙産業が急速に発展しているメディア界やグローバル企業に対して競争力をもって挑めることにるだろう。」と述べています。

この買収はミュリュコスキー社のドイツ、フィンランド、北米にある7つの印刷用紙工場を含み、年間総生産能力は280万トンに及びます。また、ミュルコスキー社が有するフィンランドのエネルギー会社 Pohjolan Voima社の株0.8%も含まれます。全ての事業を含む買収した企業価値は約9億ユーロ(約1千億円)です。

UPMは、8月3日までに買収完了した際には中間レビューと共に買収における見積財務諸表を公表します。


--------------------------------------------------------------------------------

2011年3月14日
東北地方太平洋沖地震について


3月11日に発生した太平洋沖地震において被害にあわれた地域の皆様に、謹んでお見舞いを申し上げますと共に一日も早い復旧を心よりお祈り申し上げます。 UPMでは、地震・津波による被災地への支援として、義援金5万ユーロを寄託いたしました。義援金は、日本赤十字社を通じて、現地での緊急医療支援活動に充てられます。


--------------------------------------------------------------------------------

2010年12月21日
UPM、ミュルコスキ社を獲得へ


UPMはミュルコスキ社およびその傘下のレインパピアを約9億ユーロにて買収することで合意にいたりました。 ミュルコスキとレインパピアはドイツ、フィンランド、北米に7つの印刷用紙工場を持ち、年間生産能力は280万トン。また、ミュルコスキはフィンランドのエネルギー会社Pohjolan Voima社の株を0.8%所有しています。これを受け、UPMの資産は、約16億ユーロとなる見込みです。


--------------------------------------------------------------------------------

2010年10月18日
UPM ジャパン創業30周年を迎える


UPMキュンメネ・ジャパンは、2010年10月15日に創業30周年を迎えることができました。今後とも引き続きご愛顧ご支援賜わりますよう心よりお願い申し上げます。30周年祝賀会の模様はこちらからご覧いただけます。



--------------------------------------------------------------------------------

2010年10月8日 
UPM、COP10に出展


UPMは10月23日から29日までの期間、生物多様性条約第10回締約国会議 (COP10) の国際会議展示ブースに出展いたします。展示場ではUPMの環境に配慮した製品、弊社が取り組む生物多様性などを紹介いたします。さらに詳しい情報は当日会場にて白鳥公園エキスポゾーン(ブースNo. S-21)、またはCOP10および弊社のサイトにてご覧いただけます。http://www.cop10.jp/aichi-nagoya/index.html


--------------------------------------------------------------------------------

2010年7月26日
UPMラフラタック ラベルフォーラムジャパン2010に出展


UPMラフラタックは7月22-23日に東京ベルサール汐留で行われた国内最大のラベル専門イベント「ラベルフォーラムジャパン2010」に出展しました。およそ80の企業が出展し、2日間で約3,000人の来場者がありました。今回初の出展となるUPMラフラタックはA4製品、衣類、医薬品、食品に使われるラベルを紹介しました。これに加え、多分野で展開するRFID製品もブースにて展示しました。


--------------------------------------------------------------------------------

2010年4月22日
上海万博でみるUPM木材プラスチック複合材


2010年上海万博へ行く機会がありましたら、是非、フィンランド館 「クールボウル(氷の壷)」を訪れてみてください。フィンランド館はヘルシンキを拠点に活躍する設計事務所 JKMM Architects 社が設計したものです。クールボウルの外壁総面積は3,700平方メートルあり、25,000におよぶ大理石色の 「うろこの外壁」には、木材プラスチック複合材、UPMProFi が使用されています。クールボウルの写真はこちらからご覧いただけます。


--------------------------------------------------------------------------------

2010年3月22日
RFID技術を駆使しコスト削減に成功


フランドル、帝人グループ、住金物産など6社の出資によるSPA(製造小売業)新会社I.T.'SインターナショナルはRFID技術を使ったオペレーションシステムを導入した。UPM RaflatacのShortDipole RFIDタグを使うことにより生産から物流および店頭までのサプライチェーンを通しコスト削減が実現し、消費価格にプラス効果を及ぼした。日本の繊維・アパレル産業において最初の大規模なRFID導入となった。詳しくはこちらのサイトをご覧ください。


--------------------------------------------------------------------------------

2010年2月5日
UPM "ベストイノベーター2010”を受賞


UPMはドイツで行われた“ベストイノベーター2010”で持続可能な技術革新管理賞を受賞しました。持続可能な製品としてUPMが推進をしているUPM ProFiが高い評価を得ました。木材プラスチック複合材であるUPM ProFiは、粘着ラベル原反の製造過程で発生する主に紙やプラスチックの余剰素材から製造され、環境にも優しい製品です。詳しくはこちらをご覧ください。


--------------------------------------------------------------------------------

2009年12月1日
弊社移転のご案内


弊社は12月14日より移転いたします。これを機に社員一同、より一層のサービス向上に努める所存でございますので、今後とも何卒ご支援ご厚誼を賜りますようお願い申し上げます。新住所詳細はこちらのサイトをご覧ください。


--------------------------------------------------------------------------------

2009年10月1日
フィンランド映画祭


日本・フィンランド修交90周年を記念して、10月24日から30日まで東京・恵比寿ガーデンシネマにてフィンランド映画祭が開催されます。日本でも名高いアキ・カウリスマキの代表作が上映されます。この映画祭のパンフレットおよびポスターにはUPMの常熟工場の紙が使用されています。詳しい情報はこちらをご覧ください。


--------------------------------------------------------------------------------


2009年6月4日
UPMカレドニア工場の再生可能な発電所が稼働開始


スコットランドにあるUPMカレドニア工場の再生可能な発電所が予定より1カ月早く稼働開始しました。このプロジェクトは化石燃料を使ったボイラーから最新技術を駆使したバイオマス(森林生物資源)を使うことによって、UPMカレドニア工場が発する二酸化炭素排出量を大幅に削減することが可能になりました。新しいボイラーではおよそ75,000トンの二酸化炭素を低減することができました。


--------------------------------------------------------------------------------

2009年4月16日
UPMラフラタックのRFIDタグがロサンゼルスマラソンに登場


革新的なRFIDがこのほどロサンゼルスマラソンに登場しました。大規模なイベントにおけるロードレースでの制度の高い時間追跡を見事に実現しました。コスト削減はいうまでもなく、今後もRFIDは様々な用途に使われることを目指します。今年のロサンゼルスマラソンは5月25日に行われ、RFIDが使われたのは2度目となります。


--------------------------------------------------------------------------------

2008年12月4日
UPMラフラタックのRFIDタグが出版業界へ


UPMラフラタックのRFIDタグは出版社の悩みの種であった返品率の改善を現実化にした。この度小学館は返品率を減少させ、返品書籍の廃棄削減を可能にするRFIDタグの技術導入を開始した。このRFIDを用いることによって、書店は返品が自由にできる「委託販売製」と返品時に追加コストがかかるがハイマージンの「責任販売制」のいずれかを選択することが可能となった。高い返品率の要因となっているのが現在主流の委託販売制である。初回分を書店が一定部数を買い取る責任販売で、2回目以降を委託販売に切り替えるなど組み合わせることも可能であり、返品率および廃棄処分の削減を目指す。


--------------------------------------------------------------------------------

2008年11月15日
UPMのマジックフロア


UPMが開発したセンサーシート“UPMプレゼンス”は業務用ソフトウェア開発のライズ(宮城県仙台市)と提携し、日本国内向けにさらなる開発をすすめていくことになりました。このセンサーシートは人間が発生させている電気を感知するため同製品を床に敷くことで、シート施設フロア上で人間がどう動いているのかを検知することができる。高齢者施設など向けの見守りシステムから、エレベータの待ち時間短縮、人の動きとともに電気のON・OFFが連動する「省エネ」など、可能性は無限大。詳しい情報はこちらをご覧ください。http://sendai.fwbc.jp/project_report/RiseUPM081028/riseupminterview081014.htm


--------------------------------------------------------------------------------

2008年8月8日
UPM WISA製品が北京オリンピックに貢献


UPMのWISA 合板製品が北京国際競技上(鳥の巣)の観客席の建設に貢献しました。1万平方メートルのUPM WISA-Formの合板は鉄鋼とコンクリートで建設された競技場の軸受構造のコンクリート型枠に使われています。また、WISA-Formはテニスコートおよびメディアセンターの堰板にも使われています。WISA-Transフロア材はソフトボール、自転車モトクロス、トライアスロンの観客席に使われています。


--------------------------------------------------------------------------------

2008年6月13日
UPM, 新技術で中国にパルプ工場を建設計画


UPMは、新技術で中国に麦藁パルプ工場を建設計画しています。江蘇省にある常熟工場より北にある小麦畑に藁パルプ工場の敷地を確保しました。その小麦畑から環境的にクリーンな麦藁パルプを年間10万トン生産する工場へ原料として供給されます。投資金額は1億ユーロ規模の予定。


--------------------------------------------------------------------------------

2008年5月16日
中国・四川大地震に対する支援について


UPMは、中国・四川省で発生した地震による被災地への支援として、義援金20万人民元(約300万円)を寄託いたしました。義援金は、中国赤十字社を通じて、現地での緊急医療支援活動に充てられます。このたびの地震による被災者の皆様に心よりお見舞いを申し上げますとともに、一日も早い被災地の復興をお祈り申し上げます。


--------------------------------------------------------------------------------

2008年4月16日
drupa2008でUPMの先進技術に出会う


2008年5月29日-6月11日にドイツのデュッセルドルフで行われるdrupa2008にUPMは出展します。展示場では様々な用途における印刷技術を駆使した紙製品を紹介いたします。UPMの製品は、二酸化炭素排出量を抑え、低公害を追求し、再生紙の利用など、つねに環境に考慮されています。さらに詳しい情報は、当日会場にて(Hall 6, stand C43)、または弊社のサイトにてご覧いただけます。 http://w3.upm-kymmene.com/upm/campaign/drupa2008/index.html


--------------------------------------------------------------------------------

2008年3月24日
ナイスフェア東京


住まいに関する情報を発信する国内最大級のイベント、ナイスフェアが3月23・24日の2日間にわたり東京ビックサイトにて開催されました。多数の大手有力メーカーが一堂に集まり、UPMの木材製品も展示されました。普段みることのできない大黒柱や5mを超える長尺板、クリ、ケヤキといった広葉樹の板材が展示・販売されているのもこの展示会の特徴です。


--------------------------------------------------------------------------------

2008年3月7日
UPMラフラタック ICカード・ワールドに出展


UPMラフラタックは、3月4-7日に東京ビックサイトにて、街づくりやビジネスに元気をもたらす最新のIC活用スタイルなど活発な情報発信が行われるICカード・ワールドに出展しました。およそ80の企業が参加し、4日間に165,000人以上の来場者がありました。今回4回目の出展となるUPMラフラタックの主力製品はアパレル業界に貢献する自動認識RFIDでした。またアクセサリーや化粧品に取り付け可能なRFID製品も新しく紹介されました。


--------------------------------------------------------------------------------

2008年1月23日
UPMジャパンの森林認証

UPMジャパンは2008年1月23日に「FSC/COC森林認証」を取得いたしました。

--------------------------------------------------------------------------------